ハルナレン耐シリーズ2016

RENTAI_rogoS.giftakuma-gpCUP.gif2017haruna_race_banner.gif
takuma_sev2.jpg

takuma-gp Official Website

Let’s レン耐 OFFCIAL SUPPORTERS

arai.gifalpinestars.gifbridistone.gifbabyfacerogotop.jpgogshow.giflogo.gifjtrip2.jpgkijima_logo.gifrental819_banner_480-100.jpgkirimojiya.gifngklogo.gifnapolexx.gifTCX.gifrstaichiimg_logo.gifrk.gifsev.gifREPSOL_logo2012.gif


2017_HARUNA_poster_2.gif

BATTLAX ライスポカップ榛名シリーズ 2017

2017年レース日程 

名称BATTLAXライスポカップ 榛名シリーズ
開幕戦  4月23日 終了
第2戦  6月11日(レン耐併催) 
第3戦 9月3日 
最終戦 11月19日

開催クラス 
ノーマルOPENクラス
M-50クラス 
キッズクラス 
レンタル50クラス
レンタル125クラス
HRCトロフィークラス

エントリーは、1週間前まで、1週間を切ってのエントリーは当日エントリーとして+2000円かかります。


※バイク走行日にて音量測定をハルナモータースポーツランドにておこないます。

レース前までに何回かバイク走行日に合わせて音量測定をいたしますので、ご不安な方は必ずレース前まえに計測に来て下さい。

現在、ハルナモータースポーツランドのバイク走行に関しては、ノーマルマフラー、ノーマルエアクリーナーボックス装着が義務付けされています。

音量はマフラー出口より、水平に30cm後方45度の角度の計測で
「9000回転/83db以下」となります。
参考として、4stの125ccクラスの新車で、売っている状態の「9,000回転」くらい回した音。

※1 NSF100車両のの走行については、10mmのバッフルを装着しなければ走行することが出来ません。
※2 NSF100は振動、エンジン回転を上げると激しく共鳴し、マフラー並にうるさくなります。スタンドを掛けてエンジンを回した状態で、タンクとフレームとのゴムを新しいものに交換、キャブレターボックスの透明ケースをガムテープ等で振動予防などのご協力をお願いします。

皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

レンタルバイクの練習も可能です。
Duke125
Ape50

レンタル代金 (ガス代込)(別途サーキット走行料がかかります)
レンタル費用に関しては、サーキットにお問い合わせ下さい。

ハルナモータースポーツランド レンタルバイク係
0279-54-8199

※受付には事前申込み順となります。

ご予約、ご質問の方は、以下へお問い合わせ下さい
infotakumagpアットgmail.com アットを@に変えて送り下さい。


エントリーボタン.gif

↑↑ネットエントリーが開始↑↑
タブをクリックするとエントリー画面に変わります。


※但し開催2週間を切ると編集が出来ません。
1週間を切ると、変更当日手数料が2000円かかりますので、ご注意下さい。

参加申込書

スプリントクラス申込書 LinkIcon2017HBR_entry.pdf

大会規則書&車両規則書 LinkIconHARUNA_REGURATION.pdf



RSM_kanyu.pdfライディングスポーツメンバーズの手引き

通院1日目から1500円を補償。
入院も1日目から補償。
レン耐レースに行き帰りの途中の事故にもカバーしています。

2017年度RSM申込み

2017ライディングスポーツメンバーズの加入方法

今年度より、WEB申込のみとなりました。
書類による加入が廃止になりました。
やり方がわからないかたは、事務局まで。

↓ライスポメンバーズ申込みフォーム↓
ridingsport_MEMBERS.gifWEB申込み
(レース前までの3日前には手続きをしてください!)



※PC、スマホのみ対応です。ガラケーからですと一部表示されず写真の添付ができないと思われます…。
※Members写真添付の項目では、カードに使用する保険加入者の「顔写真」の添付が必要になります。
(一般的な証明写真のイメージです)大人数での写真や、変顔、サングラスやマスク、帽子などで顔が隠れているもの、横顔や後ろ向きの写真は添付しないで下さい。

保険の概要、保障内容のダウンロード

LinkIcon2017 ライスポメンバーズ概要 ダウンロード
LinkIcon2017 ライスポメンバーズ加入から保険請求の流れ ダウンロード


ダウンロードには、アクロバットリーダーが必要です。
get_adobe_reader.gif

Race Report

point ranking NEW

Round 4 11月19日

Round 3 9月3日

Round 2 6月11日

Round 1 4月23日 NEW

LinkIconHarunaSeries2017_R-1.pdf
HarunaSeries2017_R-1.pdf

春の暖かい日差しの中、ハルナシリーズバトラックスライディングスポーツカップが開催された。
ハルナは昨年途中に騒音問題があり、バイクの走行が一切出来なくなってしまいました。それにより、ハルナに走りに来ているライダー達は行き場を失い、バイクを買っても辞めてしまったり、他のサーキットへ行くしか手がなかった。
そして、昨年の年末よりサーキット側との話し合いにて、ハルナシリーズレースを2017年シーズンとして、装いも新たに新シリーズとして生まれ変わりました。
それは、騒音を出さずにしてレースをおこなうという条件と言うことで、バイク走行にこぎつけ、そして、騒音がでないようにレース中の不要なエンジンの吹かしや、場内アナウンスを最小限に抑えレースを進行した。
参加者は久しぶりのハルナでのレースを待ち望んでいるようで、参加者のひとり1人がハルナでレースをすることに喜びを感じていた。


1,ノーマルオープンクラス B決勝 8周レース
B決勝は、ノーマルオープンクラスを予選タイムトライアルで2クラスに分けて、AとB決勝にわけてのレースを開催した。そして、B決勝の上位2名がA決勝へ走れるトライアウトとなった。
スタートは#41前原選手が駆る(NSR50)がホールショットを決めレースを引っ張る。2番手には、#96黒崎選手(XR100)それに、#8
岡田選手(グロム)が追いかける。
そして、そのまま#41前原選手が優勝、2位には黒崎選手が入った。


2,M50クラス 決勝 10周レース
#54佐々木選手(NSR50)がポールポジションから絶好のスタートダッシュを決める。
スタートした#54がホールショットを奪い異次元の走りで後続を引き離す。佐々木選手は秋ヶ瀬で開催しているモトチャンプ杯でも常勝しているが、このハルナでも貫禄の走りを見せつけ完全優勝を飾った。


3,HRCトロフィークラス 決勝 10周レース
HRCトロフィークラスはマフラーのテールエンドに10mmのバッフルを装着が義務付けされているため、キャブセッティングや、ファイナルギヤを変更しての走行となった。
そんな中、ハルナを地元として走り込む#28関本選手(NSF100)は50秒の自己ベストを出しながらの走行。M50クラスと混走となったレースでは必死に#54の佐々木選手を追いすがるが、安全に走りきり、見事トップでチェッカーを受け優勝を飾る。


4,キッズクラス 7周レース
エントリー台数が6台となったキッヅクラス。主にはCFR50,DR-Z50などのオフロードマシンにハイグリップタイヤを装着しただけのクラスとなる。
ポールポジションのDRZ50の#39大金選手が ホールショットを奪う。
それに、#92本間選手が追いすがる。しかし、トップを走行する大金選手が56秒前半で後続を引き離しにかかる。3位争いは#21星野恭平選手、#27星野圭亮選手の兄弟の争い。
レースはそのままの順位で8周が過ぎ、大金選手が見事ポールトゥウインを飾った。


5,Duke125クラス 10周レース
Duke125クラスはすべてレンタル車両で行われるレースとなり、全選手Duke125に乗ったのは今回が初めて。各選手、マシンの確認をしながらも転倒すると罰金というペナルティにも恐れず果敢に攻めていく。
そんな中、#61峯岸選手がポールポジション51秒302でポールポジションを獲得、次いで#62石坂選手が51秒759と僅差で2番手となった。
レースでは、ホールショットは#61峯岸選手、ついでピタリと#62石坂選手が峯岸選手をロックオンする。残り3周を切ったところで、#61と#62がコーナーごとにトップが入れ替わる展開に、レースを見ている観客は息を飲む展開となる。そして、ついに#62が最終ラップにトップへ出ると、最終コーナーまでもつれる展開となるが、そのままチェッカーフラッグが振られ、#62石坂選手が逆転優勝を飾った。



1,ノーマルオープン A決勝 10周レース
ポールポジションは#19石坂選手(CBR125R)2番手には#51林選手(CBR150)となった。
レースは10周となり、本日のファイナルレースとなった。
シグナルがブラックアウトでスタートをする。#51がホールショットを奪う。
M50クラスからオープン参加の#54佐々木選手が、1周目にポールポジションの#19を捉える。
そして、レースも中盤になり残り周回数が少なくなってきたところで、#54佐々木選手がトップを快走する#51林選手を捉える。そして、残り3周のところで、トップを走っていた林選手を佐々木選手が追抜き、トップが入れ替わる。
そして、勢いそのまま佐々木選手は林選手を引き離しかかり独走となり、そのままチェッカーとなった。
しかし、佐々木選手はオープン参加だったために、賞典外となっていたため、林選手が後続の石坂選手を6秒引き離し、優勝を飾った。


次回は
第2戦  6月11日(レン耐併催)
第3戦 9月3日
最終戦 11月19日

ハルナシリーズ規定 
カーソルを乗せると概要が出てきます

OPEN クラス

吸排気以外は改造可 4st150㏄以下 2st100㏄以下
* 排気管は車両出荷時の物を使用すること。(ノーマルマフラー) 但しレース専用車両に関しては排気音量を85㏈以下に
  抑えること。(グラスウールの増加、バッフル取付等)
* 吸気はノーマル又はノーマル相応のエアークリーナBOXを取り付けていること。(エアークリーナの取り外しは可) 
* 予選タイムにより エキスパート(E) ビギナー(B) フレッシュマン(F) のクラス分け有り。
クラス分け例  一周のタイムが50秒未満(E) 一周のタイムが50~55秒(B) 一周のタイムが55秒以上(F)

M50 クラス

吸排気以外は改造可 2st50㏄ミッション車両
* 排気管は車両出荷時の物を使用すること。(ノーマルチャンバー) 但しレース専用車両に関しては排気音量を85㏈以下に
  抑えること。(グラスウールの巻き直し等)
* 吸気はノーマル又はノーマル相応のエアークリーナBOXを取り付けていること。(エアークリーナの取り外しは可) 

HRCトロフィー クラス

HRCトロフィーの車両規程に準ずる。
ハルナ特別ルールとして、レース専用車両に関しては排気音量を85㏈以下に抑えること。
(グラスウールの新品、バッフル出口10mm取付義務)

キッズ クラス

50ccノーマル車両に限る(CRF DRZ QR PW 等)

レン耐 クラス

125㏄クラス 100㏄クラス 50㏄クラス  いずれも吸排気がノーマル車両に限る